勝手に更新される毎日

六本木で働くサラリーマンのブログです。やめてくれ、待ってくれと言っているのに、1日1日が勝手に過ぎていきます。

なぜ「高輪ゲートウェイ駅」という名前になったのか

f:id:suzuki1001:20181209015707j:plain

山手線新駅の「高輪ゲートウェイ」という名称が話題を呼んでいる。
発表直後からネット上では「めちゃめちゃダサい」という意見が圧倒的であり、また、「高輪ゲートウェイ」が全応募の中で130位だったことから、公募の意義を問う声が多く、さらには撤回を求める署名運動が起こるなど、しばらく批判が収まりそうにない勢いだ。
 
社会的影響力や重要度の高さを考えると、いいかげんなガキが「ウェイウェイ」って勢いで決めたものであるわけがなく、地位のある偉い大人がたくさん集まり検討に検討を重ねた結果に違いない。
それにもかかわらず、どうしてこのような事態になってしまったのだろうか?
 
「カタカナ混じりの駅名が近年の流行」といった分析もあるが、そんなに単純なことではないと思う。
 
 
そもそも「名前」とは、
ある人や事物を他の人や事物と区別して表すために付けた呼び方(大辞林
である。
 
区別することを目的にするのであれば「高輪」の二文字で十分であり、「ゲートウェイ」なしでも名前として十分に機能している。
事実、ネット上では「『高輪』でいいじゃん」とだれもが思っているように見える。
では、「ゲートウェイ」はなんのために付けられたのか。
 
この疑問に対しては、JR東日本が選定理由を発表している。
 
この地域は、古来より街道が通じ江戸の玄関口として賑わいをみせた地であり、明治時代には地域をつなぐ鉄道が開通した由緒あるエリアという歴史的背景を持っています。 新しい街は、世界中から先進的な企業と人材が集う国際交流拠点の形成を目指しており、新駅はこの地域の歴史を受け継ぎ、今後も交流拠点としての機能を担うことになります。 新しい駅が、過去と未来、日本と世界、そして多くの人々をつなぐ結節点として、街全体の発展に寄与するよう選定しました。
 
つまり、「ゲートウェイ」を付け足すことにより、「交流拠点であること」を明文化し、街全体が国際交流起点として発展することにつなげようという狙いなのだ。
 
これが機能するかどうかは誰か別の人に考えてもらえればいいと思うが、JR東日本が発表した文を読むとひとつ明白なことがある。
それは、「他と区別するため」という「名前」の目的を逸脱して、「高輪ゲートウェイ」の名が付けられているということだ。
 
 
なぜ逸脱したのだろうか。
気になって眠れないので考えると、ひとつ似たような事例を思い出した。
 
「キラキラネーム」である。
 
今から5年ほど社会問題にまでなった「キラキラネーム」。
思い返してみるとこれも、「名前というスペースを使って、子供の個性を表現したい」親の過剰なまでの顕示志向が発露したものであった。
その想いが、「他と区別するため」という「名前」本来の目的をはるかに凌駕してしまい、結果「何と読むのかわからない」と「区別することすらできない」状態に陥ってしまうのである。
 
 
山手線の他の駅は1900年前後から名付けられてきたものだそうだ。
そんな輪の中に、突然2018年に誕生した「キラキラネーム」が飛び込むのだから、違和感がないわけがない。
しかし、山手線以外の私鉄や地方の路線では、もう少し早いタイミングで「駅のキラキラネーム化」は進んでいたようだし、SNSなどを手にしてしまった現代人は、「自分を表現することは善である」という意識を自然に持ってしまっているから、人はもちろん駅も「キラキラネーム」化は止まらないものと思う。

「強制的50歳寿命論」について

f:id:suzuki1001:20181021212238p:plain

先日、ある先輩と酒を飲んだ。
40代半ば男性の先輩とは、会うのは1年ぶりだろうか。
久しぶりの再会に他愛のない話題で盛り上がったが、その人のむちゃくちゃな生活ぶりに対して俺が「相変わらずですねー」と言ったところ、ふと先輩がこんな言葉をこぼした。
 
「俺、たぶん50で死ぬからさ。まあ死なないかもしれないけど」
 
 
別の日、仕事で俺を含む3人で打合せ。
話は議題から脱線し、3人の共通の知り合いである30代中盤の女性の話題になった。
打合せに参加していた男は、その女性の後先を考えない行動を指摘したところ、こう言われたらしい。
 
「私、50で死ぬんで」
 
 
「長生きしたくない」という人は少なくないし、実を言うと俺もそのうちの一人ではあるが、二人が揃って人生のタイマーを「50歳」に合わせていることを、単なる偶然の一致とは思えない。
 
おそらく、現代社会で好き勝手やって生きていられる上限が50歳である、ということなのだろう。
50をすぎれば、体力や経済力、情熱の低下、「いい歳して何やってんの」的な評判、などが身にのしかかり、自分の思い描いたとおりの生活ができなくなってくる。
いわば消化試合であって、意味のない時間、そう上の二人は考えているのだろう、と推測する。
 
人それぞれの考え方なのこの内容に「正しい」も「正しくない」もないが、わかる気もする。
 
前にも書いたように、「人生」とは終わりが見えているからかろうじて耐えられるものなのである。
ここでは「定年」、つまり「人生」ではなく「仕事」について論じたが、「仕事」を「人生」に置き換えても全く問題ない。
 
 
 
いまや、平均寿命が80歳を超える時代。
つまり、普通にしていればその歳まで「生き長らえてしまう」のだ。
その「人間の生命の希釈化」過程において、「長生きしたくない」と思う人が増えているのは皮肉なことである。
いや、増えているかどうかは知らないが、俺の周りでは増えている感じがする。
 
「今日が人生最後の日でもいい」と、毎日思っている俺からすると、80歳はもちろん、50歳を迎えることすら現実感がない。
50歳なんて、あとたった15年後なのに。
それどころか下手したら、90くらいまで生きるかもしれないのだ。
どーすんの。
 
やはり、仕事と同じように、人生にも定年が必要なのだろう。
そしてその歳は、実は、いま多くの企業が定年として設定している60歳よりも前であるべきなのかもしれない。
 

「定年制の廃止」は超やばい

f:id:suzuki1001:20181008180839p:plain

すでに多くの人が言っていることだが、近い将来、定年制がなくなるのではないかという予想がある。
予想というか、そうしないと日本社会が維持できないという意見、提言も見られる。
 
思い返してみれば、これまでさまざまな法律や制度が「こんな法案が成立したら本当にやばい」など、成立前に多くの人に危惧されていた。
しかしそんな声が国会に届くことはなく、いや、届いたのかもしれないが有効な影響力を持つまでには至らず、法案はしれっと成立し、施行されてきた。
さて、その後私たちの生活に大きな問題などあっただろうか?
人によっては、生きづらさを感じたり不満に思うことがあるだろうが、新しい法律の施行によって社会制度が破綻したり死ぬ人が出てきたりしたわけではない。
たぶん。
「本当にやばい」と言われてきたものも、そういう意味では「本当にやばい」というほどではなかったのだ。
 
しかし、今回の「定年制廃止」、これはマジで「本当にやばい」。
高度プロフェッショナル制度」とは比べ物にならないくらいやばい。
個人的にはあまり政治的な発言をしたくはないのだが、今回はいままで「この法案はやばい」と言われてきた数々の法案とは比べ物にならないほどやばいと思っていて、その割に「やばいでしょ」の声が少ないと感じたので、書くことにした。
 
 
企業勤めをしたことがある人はわかると思うが、会社員は、くだらない愛想を言ったり、馬鹿な顧客や上司の理不尽な命令に従ったり、お門違いの叱責やクレーム、暴力にも反抗せず我慢したりしなければならない。
長年にわたってそんな苦行に耐えるのは超人的な精神を支えるのは、「そうしていれば給料が出る」「出世すれば理不尽をされる側からする側に回れる」「長いとはいっても終わりがある(とわかっている)」からだ。
 
中に時計があるサウナに入るのと、何もなく時間がわからないサウナに入るのでは、同じ10分間であっても、体感的な時間は全然違うはずで、これは俺に限らず多くの人が実感として持っているのではないだろうか。
ラソンランナーも、42.195kmではなく、「走ってる間にゴールの場所決めます。だいたい40kmくらいかなーと思いますが、その時になってみるまでわかりません」と言われたらよりつらいだろうし、懲役30年よりも「無期懲役と言われて結果30年で出た」人のほうが長く感じるだろう。
やったことないからわからないけど。
 
会社であれば65歳まで、大卒即入社として40年ちょいの期間。
人生の半分弱、そうとう長い時間だが、暗い暗い洞窟の先にうっすら光が見えているからこそ、人はその光を目指して進むことができるのではないか。
 
「定年制廃止」は、そんな会社員のささやかな夢を奪い取り完全にぶち壊す、極めて無慈悲な施策といえよう。
 
 
「嫌だったら辞めればいい」と言い放つ人もいる。
しかしわかりきっているように、大半の人は、人が嫌がること、めんどくさいと思っていること、なんでこんなことを俺様がやらなくてはいけないのかお前がやっとけよと思うことを、その人に代わって行うからこそ賃金がもらえるのであって、仕事を辞めて好き放題遊んでいたら瞬く間に無一文になってしまうのは言うまでもない。
「好きなことで生きていく」なんて、よほどの才能か運に恵まれなければ、到底成立しないのだ。
 
 
とはいえ、日本は世界に前例のないほどの超高齢化社会を迎えるし、ただでさえ国際的には競争力が低下している中で、少ない労働力であふれる高齢層を支える構造が破綻するのは明らかで、そうなれば「みんな死ぬまで働くしかないよね」という発想に行き着くのは自然なことだと思う。
 
「死ぬまで働く」
そんな終わりの見えない地獄をやりすごすことができる強靭な忍耐力を持つ人は問題ではないが、俺のような凡人は、定年を迎えられない時代への対策をいち早く取るべきである。
定年のない社会で働くのを辞めるには、残りの人生で必要な金を貯めるか、死ぬしかない。
そして一部の超高所得者以外、莫大な金をつかむ起爆剤は、仮想通過しか残されていないと思う。
しかし、それでも怖いのは、長生きしすぎることだ。
「残りの人生でいくら必要なのか」は、その計算が狂えば、晩年は悲惨なことになる。
 
そうするともう、残る答えはひとつしかないように思えてきてしまう。
人生の定年は、自分の手で迎えるしかないのだろうか。

大坂なおみの会見で出た「日本人がどうのこうの」っていう質問について

f:id:suzuki1001:20180915004120p:plain

大坂なおみが日本人選手初となる全米オープンテニス制覇の偉業を成し遂げ、凱旋記者会見を行った。
その会見の中で、ある記者が大坂選手に
「『日本人同士の間に生まれた人が日本人だ』という古い日本人観に対して、大坂選手の出現、活躍で、従来の日本人観が変わろうとしているのではないか。本人的にはどう思う?」
といった内容を質問をし、これが不適切であるとして炎上している。
 
「どうしてこんな質問をしてしまったのだろう?」
「テニスの凱旋会見ではないか」
「テニスのことを聞いてあげようよ」
と思う人も多いようで、俺自身もどうしてこんな質問が飛び出したのか不思議で仕方がないが、少し考えれば、これはそんなに不思議なことでもない。
要はこの記者もしくは記者が所属する媒体が、テニスの結果やプレーの内容そのものよりも、国籍の方に関心が高かったのだ。
彼の自尊心の拠り所が「日本人であること」であったか、または反対に、「国籍、ナショナリズムを否定して新しい価値観を広めること」に人生の喜びを感じていたか。
それだけのことである。
ただ、彼もただの一記者であって、質問する内容は自分の意志よりも所属するメディアの編集長の意向によるところが大きいだろうから、彼の上司がそういう価値観を持っていたのかもしれない。
 
今回に限らず、記者からの質問内容に対して、「くだらない質問をするな」とか「不適切だ」とかいって炎上することが多いが、質問者からすれば、くだらないどころかそれこそが最重要質問項目であり、完全に適切なのだ。
人が発する質問には、質問者のこれまで数十年の人生が反映されるのだから。
 
 
私が好きなことを質問していいと言われたら、こう尋ねていただろう。
そして、「くだらない質問をするな」と、叩かれていただろう。
「今回の優勝賞金が4億円とのことですが、それだけ稼いだら十分だと思いますが、まだ続けますか?」
「大坂さんのような逆玉の輿を捕まえようと思ったら、どうしたらいいですか?」
 

透明なものが流行っているようで、実にいいことだなーと思った直後に反省した話

f:id:suzuki1001:20180721190507p:plain

ちょっと前に、テレビや雑誌で立て続けに見て、割と強く印象に残っていたのだが、最近透明なものが流行っているらしい。
身近なところでは、飲料がそう。
お茶や有色のジュースにかわって、フレーバーウォーターと呼ばれる、一見すると水だが味や香りがついた飲料が売上を伸ばしているのだとか。
限りなく透明に近いヨーグルト飲料なんて商品も出ているらしい。
清涼飲料水が透明なのはまだわかるが、ヨーグルトやコーヒーやビールまで透明なものが作られ始めていると聞くと、やや不気味な感じもする。
 
また、少し離れたところでは、若者、特に女性の衣装や持ち物が透明化してきているらしい。
「少し離れた」とは、俺が若者ではなく、ましてや女性ではない、いわゆるおっさんであり、その点で若者や女性から「離れている」という意味で言ったのだが、そうはいっても同じ社会人、会ったり話したりする機会も今後あるかもしれないから、「少し」をつける見栄をはってしまった。
現実には、俺の周りに若い女性はもうほぼゼロだから、実際に透明化が進んでいるかどうかを確認する方法はない。
あくまでメディアの情報による限りでは、カバンや靴、アクセサリや服でも、透明なものがよく売れるようになっているようなのだ。
 
いったいなぜ透明なものがもてはやされるようになってきたのか。
といったことを、主に経済誌などで執筆している人たちが分析していた。
見てみると、主な論旨は「飲料は健康志向、透明な方がなんだか健康に良さそうだから。身につけるものは、透明な方がインスタ映えするから」ということらしい。
 
俺は率直に言って、「なるほどなーさすがこういう一流誌やインターネットサイトで執筆しているような人は、分析力、洞察力が一流で、凡人には提示できない視座を提示できるもんなのだな」と思った。
翻って自分を省みると、自分の阿呆さ、愚鈍さを思い知ることとなり、暗澹たる気持ちになった。
なぜなら、俺は「ほほーん。なんでやろ。まあええわ。そんなことよりこの傾向がバンバン進んで、みな裸同然の格好で出歩くようになれば、24時間フリーラッキーエロタイムやんけ。ナイスですね」くらいのことしか考えていなかったからだ。
こういう日々のひとつひとつの考察、思慮が積み重なり、長い年月の後には、超人と赤子、人とミジンコくらいの圧倒的な差がついてしまうのであろう。
 
俺は、Newspicksでも始めようかと思う。
 

今、ピンクグレープフルーツジュースに怒っている

f:id:suzuki1001:20180527235529p:plain

最近、俺はあることに気がつき、かなり憤っている。
 
何に対してかと言うと、ピンクグレープフルーツジュースに、である。
と書くと、「お前はピンクグレープフルーツジュースが嫌いなのか。では見なければよいしそんなことでいちいち激怒していてはこのストレス社会では即憤死だよ」と忠告してくれる親切な方も何人かいらっしゃるが、そうではない。
俺はピンクグレープフルーツジュースが好きなのだ。
まあ必ずしもピンクである必要はないのだが、ピンクであることが好ましい。
ただ、100%のものでなければならない、という条件があるし、美味しいものでなければならないのは言うまでもない。
ピンクイズベター、100%イズマスト。
 
話は変わるが、「何か買い物せんとなあ」と思った時に、いまの俺の家の周囲には、セブンイレブンが2店、ファミリーマートが1店、イトーヨーカドーが1店あり、さらにちょっと離れたところにマルエツがある。
利便性を追求しすぎたことによる過剰なまでの密集具合だが、21世紀ももうすぐ5分の1を過ぎるところで、効率化も行き届いた結果の飽和状態が今のコンビニ・スーパー密度なのだろう、これは素直に享受したい。
 
だが、それにも関わらず、である。
 
ある日、俺は「あ、冷蔵庫のピンクグレープフルーツジュースが切れとる。買わな」と思い、最寄りのセブンイレブンに行ったところ、先日まで置いてあった500mlのピンクグレープフルーツジュースのパッケージがなく、その場所にさもオレンジジュースのパックが「ここにはずっと前から僕が置かれていましたけれども何か」とでも言わんとばかりに置かれていた。
つい先日俺が同じ売り場を見たときには、左からりんごジュース、オレンジジュース、ピンクグレープフルーツジュースとそれぞれ1列ずつ陳列されていたのに、今見たらりんごジュース、オレンジジュース、オレンジジュースとなっている。
はて、「オレンジジュースは売り場が2倍になるほど人気があっただろうか」と思ったが、いや、そんなことはなく、先日からずっと、最初に売り切れそうになるのはピンクグレープフルーツジュースで、この3種類のうち一番人気なのである。
 
俺も「困ったな」と一言つぶやいたものの、そこは大人、店員をぶん殴ったりすることなく、もう1店舗のセブンイレブンに向かったのだが、ここにもない。
「どうなっているんだ」とつぶやいてもやはり大人、店員を蹴り倒したりすることなく、ファミリーマートに行くとここにもない。
さすがに次の店になかったら、店員を火炙りにしよう、そう思ってイトーヨーカドーに向かう。
コンビニと違って店舗面積が広いイトーヨーカドーならきっとあるだろう、と思って売り場に行くと、いつもはあるはずの1000mlで152円のパックはなく、「ぴゅあぷれみあむ」とかなんとか書いてあるもので、750mlで352円のものがあった。
「なぜいつものがないのだ、こんな高いの誰が買うんだ」と、コレジャナイ感は残りつつも、一応あることにはあったわけだから、店員を火炙りにするわけにもいかない。
結局俺はピンクグレープフルーツジュースのない時期をしばらく過ごすこととなってしまった。
 
しばらくして、最寄りのセブンイレブンでピンクグレープフルーツジュースが復活、「ああよかったよかったこれでもうピンクグレープフルーツジュースがない生活を過ごすことなくやっていける」と思っていたが、しばらくしてまた急に取り扱いがなくなり、そしてまた復活。
これを何度か繰り返して、気がついたことがある。
 
グレープフルーツジュースセブンイレブンにない時には、もう1店のセブンイレブンにもないし、ファミリーマートにもないし、イトーヨーカドーにもなく、マルエツにもない。
ただヨーカドーとマルエツには、ぴゅあぷれみあむ」とか「果実しぼり」とかいい加減な理由をつけて高価なもののみ取り扱われてはいたが、普段取り扱っているお手軽価格のグレープフルーツは、時期を揃えて商品棚から消えていたのである。
 
これこそ、不当に高価なものを買わせようとするカルテルでないとして、果たして何であろうか。
許す訳にはいかない、グレープフルーツジュースに罪はないのだから。
まだグレープフルーツジュースを引退する訳にはいかない。

新潟の米山元県知事の会見は、稀に見るすさまじい内容だった

f:id:suzuki1001:20180508025014j:plain

ここしばらく性的スキャンダルによる謝罪会見が立て続けに行われているが、そんな中でも圧倒的に新潟の米山元県知事の会見は、人の心をうつ、すさまじい内容だったのではないか、と個人的には思った。
 
通常、記者会見で要求されるのは、偽りのない事実の説明と謝罪であろう。
だから本来であれば
「出会い系サイトで知り合った女性と援助交際をしていました。不適切な行為で謝罪するとともに、責任を取って知事職を辞任します」
とだけ言えば十分だったはずだ。
 
援助交際」という言葉は、もちろん悪いことではあるが、男性の性欲処理のために行われることであり、これ以上の説明の必要なく、「あーそういうことね、やりたかったのね」とわかりやすく解釈され、この件は終わっていたに違いない。
 
しかし会見では
「私としては、交際だったと思っている」
「女性の歓心を買うためのことだった」
「好きになってほしかった」
「もらう側からは、そんなことで好きになることは全くない、もらうことだけが目的だったということだったのだろう」
と続き、さらには友人の紹介で交際した女性がいたと明かした上で
「無理をしなくても愛されるって、こんなにいいのか、こんなに楽なのかと思った」
と、あたかも心の奥底をえぐり出してぐいぐいと見せつけるかのような発言が飛び出した。
 
これには「そこまでぶっちゃけるか」と思ったとともに、言う必要のないことをつい漏らしてしまう元知事の不器用さ、その過度な素直さ、青臭さを感じた。
まるで男子中学生の初めての告白ではないか。
いや、中学・高校と男子校だったからよく知らないが。
 
おそらく、元知事は会見に訪れた記者たちではなく、援助交際をしていた相手に話していたのではないか。
メディアを通じて。
「お前はどう思うか知らないが、いや、わかっているつもりだが、それでも俺は本気だったんだぞ」と、伝えたかったのではないか。
映画の別れのセリフさながらの。
いや、映画以上に映画的で、ロマンチックだ。
 
中継動画を見てみると、1時間20分もの長い会見だったようで、しかも、後半から元知事は汗だくになっている。
いやはや、すごい会見だった。