読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勝手に更新される毎日

六本木で働くサラリーマンのブログです。やめてくれ、待ってくれと言っているのに、1日1日が勝手に過ぎていきます。

温泉で考える人生の年輪

後楽園にある大型温泉「LAQUA」でこのブログを書いている。そう、私は今日、温泉に入ってきたのだ。
 
ところで、温泉に入った男が必ず行うことがある。
 
それは「チンコ比べ」である。
 
女性にはわからないかもしれないが、100%の男性がこれを行っている。
すべての男性は、出ているチンコに必ず目を向けるようにプログラムされているのだということを知っておいていただきたい。
 
私も男性の端くれとして、近視の目を細めながら通りすがる人のそれぞれのチンコにもれなく目を通していると、つまりチンコチェックをしていると、人間の顔と同じように、チンコの顔というべきか、十人十色ならぬ十人十チンコ、実にさまざまな表情のチンコがあることに気付かされる。
 
主張が強いチンコ。
 
控えめなチンコ。
 
「チンコ界の元木大介」といっても過言ではないほどの曲者チンコ。
 
人見知りのチンコ。
 
冷静に見えるが実は熱いハートを持ったチンコ。
 
いつも明るいチンコ。
 
世の中をやや斜めから見ているチンコ…。
 
 
温泉に入っていると目の位置が下るため、自然とチンコを見てから人の顔を見る、という順番になる。
私もこの自然の摂理にしたがって温泉の醍醐味を味わっていると、もうひとつあることに気がついた。
 
チンコからその人の顔や体格、人相を予想するのがいかに難しいことであるか、と。
 
「え、そのチンコでこの顔!?」とか、逆に「その顔でこのチンコって何?ギャップを意識してるの?」と驚くことも少なくない。
「チンコと顔マッチングクイズ」があれば、正答率は20%くらいではないだろうか。
 
まあそんなクイズに参加してくれる人なんていないからムリだけど。
 
「では、正解発表です! みなさんパンツを脱いでくださいー!」
 
とはならない。
 
 
人は顔とチンコには、違う年輪を刻むのだ。
 
これは、イケメンが必ずしもヤリチンではないという事実に現れているかもしれない。しかし、それが事実かどうかも知らないし、確認するすべもない。だから、この命題に勇気づけられることもない。
 
皆さんだったら、何%正解できるだろうか。