読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勝手に更新される毎日

六本木で働くサラリーマンのブログです。やめてくれ、待ってくれと言っているのに、1日1日が勝手に過ぎていきます。

「完璧な人間」とは何なのか

この間美容室に行った時、雑誌「OCEANS」を手渡された。
美容室は普段手に取る機会がない雑誌を読めるのがいいと思う。
その号の「OCEANS」には、「夢あるオッサンのほしいモノカタログ」というサブタイトルがついていた。
持ってきてくれた10年来の顔なじみの美容師さんからは、「そろそろちょうどいいころじゃない?」と言われた。
だれがオッサンやねん。
 
 
それはさておき、ぱらぱらとめくって、「うわぁ、カイエンほしい」「時計に200万円って、1回時間を見るのにいくらなんよ?」「服高すぎやろ」などと、ひとりつぶやいていたのだが、しばらくして、ある箇所に目が留まった。
そこには、ポール・ニューマンという人物が紹介されており、
 
アカデミー俳優であり、さらには映画監督だけでなく、レーサーとしても一流。設立した企業は大成功を収め、しかもその利益は全額寄付。
つまり、男としてほぼ完璧。

 

みたいなことが書いてあった。
経歴の部分は内容しか覚えておらず、文面はこの限りではないが、最後の「つまり、男としてほぼ完璧」は、鮮明に覚えている。
 
俺レベルのゴミクズが「男として完璧」とは何なのかを語るのは、いささか心苦しいが、それでも考えることを避けられないくらい、「完璧」という言葉が持つ威力は強い。
 
この文章を読む限りでは、
  • 芸術(俳優・映画監督)すごい
  • スポーツすごい
  • 実業すごい
  • 超絶金持ち
  • しかも儲けを全額寄付する超絶人格者
  • さらに補足すると、記事には顔写真が載っており、誰が見てもカッコイイと思うであろう、渋いイケメンである
これら条件を兼ね備えていれば「完璧」である、というのが、このページを担当した編集者・ライターの方の価値観なのであろう。
 
しかし、少し待ってほしい。
そもそも、「完璧」とは、「欠点がまったくないこと(大辞泉)」という意味である。
上の記載には、ポール・ニューマンの欠点について、まったく触れられていない。
 
一般的に、ある特徴が「欠点」であるかどうかは、それを解釈する側の価値観に委ねられる。
つまり、仮にポール・ニューマンがスカトロ趣味を持っていた場合(あくまで仮定の話です)、相手の女性がそれを苦にしない、もしくは大歓迎であれば、彼女にとってスカトロは欠点にはならず、彼は引き続き「完璧」であるが、そうでない人からすると、大いなる「欠点」なのである。
 
そして、欠点になりやすいポイントは、表面的な要素ではなく、しばらく接してみて初めてわかるような内容であることが多い、と思う。
 
さらに、「本当に完璧」である人と深く関わるとどうなるか。
周りにそんな人はいないので、想像の域を越えないが、おそらく、とても息苦しく感じるだろうし、「生まれてきてすみません」と思ってしまうだろう。
なぜなら、人のことを妬んだり恨んだりすることがまったくない、完璧な性格を持っている人など、ほとんどいないから。
それはもはや、「悟り」の境地に近い。
受け取る側の態度次第では、「完璧」は「息苦しさ」に直結するものであり、逆説的に、「完璧な人などいない」という結論に至ってしまうのである。