読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勝手に更新される毎日

六本木で働くサラリーマンのブログです。やめてくれ、待ってくれと言っているのに、1日1日が勝手に過ぎていきます。

人生をムダにしないために、知っておくべきこと

f:id:suzuki1001:20170409151512p:plain

というタイトルの本やネットの記事がをとても頻繁に目にする。

これは当然、ムダにしたくないと思っている人がいかに多いかの裏返しである。

そして、この答えには多くのバリエーションがあるが、ムダにしまくってきた俺だからこそ最近気がついたことがある。

 

 

俺が前にいた会社に異業種から転職しようかどうか悩んでいるという女性を紹介され、話を聞いた。

いざ話を聞いてみると、「どういう点がしんどいのか?」「残業や休日出勤はどれくらいあるのか?」というのが主な”悩み”らしい。

俺は「そんなにイメージが悪いのか広告業界は」と、前にいた業界に対する世の中からの風当たりの強さを嘆いた。

しかし、「実際は残業なんてほとんどないし、休日出勤なんて年に1回あるかないかくらいですよ」なんて言えば嘘になる。

「ありのままの姿をみせてしまっては、いまこの瞬間に広告業界への志望者を1人減らして業界縮小につながりかねない、いま俺に求めらているのはオブラートに包む心」と考えた俺は、「最近は変わってきてるみたいですよー」と、ほぼ何も言っていないに等しい回答をした。

と言いながら「残業がないとか休日出勤とか、そんなに気になるか?」と本心では思ってしまった俺は随分ブラック企業に毒されてしまっているのだろう、と、その時は思っていた。

 

後日その人含め3人で、転職の相談関係なしに酒を飲んだ。

全員30代半ばで、結婚とかまったく興味がないという女性(相談に乗った女性)、結婚とかまったく興味がないという男性、バツイチの俺、という、世の中的にはダメ人間の集まりでしかなかったが、その3人で、「結婚観」についての話題になった。

 

「結婚にまったく興味がない」というその女性は、同時に、「どうしても結婚が嫌というわけでもない」と、一見矛盾した考えを露わにする。

どうして結婚にまったく興味がないのかと尋ねてみると、「今の独身生活に不満がない」のと、それ以上に、「失敗した時に失われるもの、特に時間、が大きすぎる」かららしい。

 

そうすると次に、「結婚しないことで失われることなく使うことができる時間を、いったい何に使うのか」という疑問が生まれるが、どうやら旅行とかおいしいものを食べたりとか、そういうことに使うようだ。

 

俺はそれを聞いて、つい、「しょうもな」と思ってしまった。

いや、たぶん口に出してしまっていた。

結婚に失敗し、協議や手続きなど婚姻関係の解消に多大なる時間を費やしてしまった未来と、そんなことに時間を費消することなく有意義に休暇を消化、海外旅行、日本では見ることのできない風景を目の当たりにしたり、外国人と交流をしたり、おいしいものを食べることができた未来、その2つの間にいったいどれほど大きな差があるのか、それなのに、残業したくないとか休日出勤したくないとか結婚でムダな時間を使いたくないとか、いったい何を言っているんだ愚か者が、そう思ったのだ。

どれだけうまいものを食べてもその味覚は数時間後には失われているし、どれだけ美しい風景を見ても1週間も経てば記憶から消えてしまうのに、これらを経験することが果たしてそんなに大切なことなのだろうか。

 

就職してからの人生を指して「懲役50年」と、さらにアグレッシブに言えば、生まれてからの人生を「終身刑」と冷笑を込めて表現することが世の中ではよく見られるが、死ぬまで刑務所にいるのならば、そこがどれだけ快適であっても、不快であっても、苦痛であっても、退屈であっても、あまり変わりはない。

なぜならそこは刑務所だから。

一時的にバリ島にいても、徹夜で残業をしていても、どうせ戻る先は独房なのだから。

 

人生を懲役のように解釈するのは、人生で起こるつらい出来事に対する抗体を自分の体内に作り出す、いわば防衛本能のようなものであり、アプローチこそ違えど、根本となるコンセプトは宗教と似ているのではないだろうか。

つらいこと耐性ができた結果、つらいことに身体が反応しなくなるのは当然の帰結である。

 

しかしみんな、「私の人生は私だけのもの、プライスレス」という考えを大切にしたいし、「私らしく輝きたい」と願っているし、そういってがんばっている人は輝いているから、「しょうもな」いのは彼女ではなく俺の方である。

「つらいことを剥き身のままつらいこととして受け止める」のが、「人生をムダにしない」コツだと思う。

俺はそんな強靭な心を持ち合わせてはいないので、それができる人はがんばってもらいたい。