勝手に更新される毎日

六本木で働くサラリーマンのブログです。やめてくれ、待ってくれと言っているのに、1日1日が勝手に過ぎていきます。

新潟の米山元県知事の会見は、稀に見るすさまじい内容だった

f:id:suzuki1001:20180508025014j:plain

ここしばらく性的スキャンダルによる謝罪会見が立て続けに行われているが、そんな中でも圧倒的に新潟の米山元県知事の会見は、人の心をうつ、すさまじい内容だったのではないか、と個人的には感じている。
 
通常の記者会見で要求されるのは、「事実の説明」と「謝罪」、このふたつで十分である。
だから本来であれば
「出会い系サイトで知り合った女性と援助交際をしていました。不適切な行為で謝罪するとともに、責任を取って知事職を辞任します」
とだけ言えば他には何も必要なかったはずだ。
 
援助交際はもちろん褒められたことではないが、男性がマネーの力を活用して女性にちやほやされたいとか性欲を発散したいという欲求は極めてよくありふれたものであるため、込み入った表現は不要であろう。
最低限の釈明さえあれば、「あーそういうことね、やりたかったのね」とわかりやすく解釈され、この件は終わっていたに違いない。
 
しかし、この会見はそれでは終わらなかった。
米山元県知事からは
「私としては、交際だったと思っている」
「女性の歓心を買うためのことだった」
「好きになってほしかった」
「もらう側からは、そんなことで好きになることは全くない、もらうことだけが目的だったということだったのだろう」
と続き、さらには友人の紹介で交際した女性がいたと明かした上で
「無理をしなくても愛されるって、こんなにいいのか、こんなに楽なのかと思った」
と、記者会見の持つ無機質なイメージからはかけ離れた生々しさの、あたかも心の奥底をえぐり出してぐいぐいと見せつけるかのような発言が飛び出した。
 
これには「そこまでぶっちゃけるか」と思ったとともに、言う必要のないことをつい漏らしてしまう元知事の不器用さ、その過度な素直さ、青臭さを感じずにはいられない。
だが、ただ「不器用な人だ」では納得できないほどの異様さを放っている。
まるで男子中学生の初めての告白ではないか。
いや、中学・高校と男子校だったからよく知らないが。
 
おそらく、元知事は会見に訪れた記者たちではなく、援助交際をしていた相手に話していたのではないか。
もうその女性には会うことはできない。
しかし、せめて本当の気持ちだけでも伝えたい。
そこでメディアを通じてそれを実現した、元知事なりの苦渋の決断ではなかったか。
「お前はどう思うか知らないが、いや、わかっているつもりだが、それでも俺は本気だったんだぞ」と、伝えたかったに違いない。
映画の別れのセリフさながらの。
いや、映画以上に映画的で、ロマンチックだ。
 
中継動画を見てみると、1時間20分もの長い会見だったようで、しかも、後半から元知事は汗だくになっている。
いやはや、すごい会見だった。